ChainLink(チェーンリンク)とは?特徴解説・今後考察

ChainLink 公式サイトへはコチラからアクセス!

ChainLinkLabs 公式サイトへはコチラからアクセス!

ChainLink(チェーンリンク)って何ですか?

ChainLink(チェーンリンク)は、「SmartContract Chainlink Limited SEZC」と呼ばれるフィンテック企業により作成されたブロックチェーン技術で、スマートコントラクトを異なるブロックチェーンへ適用する事が可能な、分散型オラクルの仮想通貨プロジェクトです。

アメリカのスマートコントラクト社が 2017年に公開しました。

2017年9月19日、ICO 2019年5月には、メインネット(正式版)をローンチしています。

独自トークン「LINK」は、ネットワーク上のオラクルサービスの支払いに使用される「ERC-20トークン」です。

海外でも人気の仮想通貨チェーンリンク「LINK」が遂に日本に上場!

現在は、SBI でのみ取り扱っていますが、今後更に多くの国内取引所で取り扱いを始める可能性が高いです!

Chainlink は、外部システム上で管理される情報をブロックチェーンネットワークに持ち込む「オラクル」の分散型ネットワークを構築しています。

Chainlink は、ブロックチェーンと外部データを接続する新たなソフトウェアを作成する事により、ブロックチェーン上で自動的に契約を実行するシステムで「スマートコントラクト」に関する “接続性・相互運用性” 問題の解決を目標としています。

Chainlink は、技術を活用して「銀行・決済システム・市場データAPI・バックエンドシステム・ブロックチェーン・ソフトウェア・API」等を簡単にブロックチェーンネットワークやスマートコントラクトへ接続する事を可能にする取り組みを行っており、現時点では様々なプロジェクトと提携しています。

Chainlink 特徴

SWIFT(国際銀行間通信協会)と連携

SWIFT は、世界各国の金融機関に電子的な送金メッセージの伝送サービスを提供している機関です。

様々な国際送金が SWIFT を通じて行われ、2016年に開催された Sibos と呼ばれる世界各国の金融機関関係者が集う国際会議で、SWIFT は Chainlink を使用した PoC(概念実証)を発表しました!

ミドルウェア

ミドルウェアは、ソフトウェアとハードウェアの中間処理を行う物の事です。

Chainlink は、スマートコントラクトをオフチェーン(ブロックチェーンの外部の情報)に繋ぐ為のミドルウェアとして開発され、オフチェーンだけでなく異なるブロックチェーンや dApp の中間処理役としても機能します。

ブロックチェーン以外へミドルウェア

スマートコントラクトは、様々な契約をプログラム化して自動的に実行する技術です。

今までスマートコントラクトは、外部の現物資産との接続が困難でしたが、Chainlink により現物資産との結びつきが可能となります。

Chainlink を使用すると、Webアプリケーション・PayPal・クレジットカードの銀行決済など金融・証券・保険・貿易等、生活の様々なシーン分野で、スマートコントラクトと既存データ(市場データ・銀行システム・商品データ)を安全に管理する事が可能です!

” LINK “トークン

Chainlink の分散型ネットワークにおいて、「LINKトークン」は担保価値として使用されています。

スマートコントラクトの経済圏が巨大な程、高価値の LINKノード が必要になります。

アプリケーションの実用シーンでは、スマートコントラクトの作成者は、スマートコントラクトの価値に応じてノードに一定以上の評価と LINKトークンの担保量を求めることになります。

Chainlink(チェーンリンク)の創設者セルゲイ・ナザロフ氏は、金融業界世界で高額のスマートコントラクトが作成され、分散型オラクルを必要とする未来を見据えています。

ChainLink(チェーンリンク)今後の展望

Chainlink(チェーンリンク)のユースケース

Chainlink のプロジェクトチームは、スマートコントラクトと外部情報をリンク(繋ぎ合わせる)する主な働きにおいて、77のユースケースを打ち出しています。

77のユースケースは、金融・送金・決済・保険・企業データベース・サプライチェーン・賭博・行政・個人情報・衛星やAIとの連結・公共事業・政府機関等になります。

チェーンリンクは、スマートコントラクトをスマートカーの IoTvセンサーデータに接続し、自動車保険を合理化できます。

スマートコントラクトを既存のPayPalや銀行システムへ接続し、金融プロセスの情報をシームレスに統合する事が可能です。

金融機関の送金レートを取得し、国境を越えた決済機能の為に国際決済メッセージング 標準 SWIFT の利用も可能です。

サービスの垣根を越え、様々なシステムやアプリケーションがスマートコントラクトに連結する事により、利便性の向上と便利な新サービスの開発が可能になります!

今後

Chainlink は、2019年6月に Google が Chainlink の技術を自社の「BigQueryデータサービス」に統合し、BigQuery クラウドデータを Chainlink へ経由させ、予測や先物取引等のアプリケーション開発に活かしています。

Chainlink を使用する事で、スマートコントラクトと外部のデータソースや支払いシステムとを接続します。

2021年4月15日に、Chainlink2.0 と題された新たなホワイトペーパーを発表しています。

システムの更なる拡張を進め、スケーラビリティの改善とプライバシーの保護セキュリティ強化した DApps を構築する事を目標にしています。

Chainlink は、着実に基盤となる提携企業が決まっています。

ブロックチェーンアプリケーションが実用化し、スマートコントラクトで使用する資産価値がどのペースで拡大していくのかが、投資時期を見定めるポイントになります。

Chainlink は、SWIFT や多数の企業が技術を認めていて、今後益々、Chainlink を使用したシステムが広がる事が期待出来ます。

SWIFT・Googleなど大企業と提携

SWIFT(国際銀行通信協会)やGoogle等の多数大企業がチェーンリンクと提携を結んで、チェーンリンクの技術活用!

* SWIFT(国際銀行間通信協会)は、世界各地の銀行に電子メッセージを伝送するサービスを行っている国際機関です。

スマートコントラクト77のユースケースが実際に起用され、チェーンリンクは一流企業からも技術を認められており、現行実際に活用中で将来性が高いと期待出来ます。

ChainLink(チェーンリンク)購入方法

ChainLink は、21年 10月現在、国内取引所で取扱いが有りません。

海外取引所のバイナンスで購入可能です!
↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久 10% 割引になります↓

仮想通貨取引所の BINANCE(バイナンス)は、1000 種類をも越える仮想通貨ペアを取引できる海外最大手取引所です。

必ず仮想通貨を扱う上では必要となりますので、絶対口座開設はしておきましょう!

当サイトから登録した方限定で、永久に取引手数料が 10% オフになるリンクをご用意しましたので、是非ご活用ください。

関連記事

BINANCE公式サイトへはコチラからアクセス! ↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久10%割引になります! BINANCE(バイナンス)って何? 海外大手仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)[…]

最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG