【EOS】eosio(イオス)って何ですか?特徴解説・今後考察

EOS 公式サイトへはコチラからアクセス!

EOS(イオス)って何ですか?

eosio は、DApps(分散型アプリケーション)とスマートコントラクト(契約機能)のプラットフォームとなる仮想通貨です。

DApps とは?特定の管理者が存在しないアプリケーションの事で、イオス上では多くの仮想通貨プロジェクトが DApps を展開する事が出来ます。

3つのメリット

DPoS の採用

DPoS(Delegated Proof of Stake​)は、EOS が採用しているコンセンサスアルゴリズムのひとつになります。

EOS の保有量に応じてマイニング権利者を選抜する投票権が与えられ、投票にて選抜された人がマイニング権を得られます。

​DPoS 採用の優れている所は、「非中央集権的なブロックチェーンなのに、マイニングにおいては権限集中的」という PoW の矛盾を解決し、貧富格差の拡大・通貨流動性の喪失といった PoS の​問題も解決しています。

高速なトランザクション処理速度

EOS は、トランザクション処理の圧倒的な処理速度を誇ります。

トランザクションとは、「仮想通貨取引データのやり取り」の事です。

EOS は、取引の処理速度が圧倒的に速いので、EOS ユーザーが増加しても問題に陥る事はほぼ有り得ないでしょう。

取引手数料が無料​

仮想通貨取引では、マイニングをする方への報酬として手数料がかかりますが、EOS は取引にかかる手数料は、無料です。

​手数料を払わない代わりに、年率 5% のトークンが配布されるシステムになっています。

デメリット

● マイニング報酬の開発者負担​

トークン自体は、無価値​

● 現時点で、国内購入不可

EOS(イオス)とは?

EOS は、EOS プロジェクトと呼ばれる計画で開発される、分散型アプリケーションのプラットフォームとプロジェクトの資金調達の為に発行される仮想通貨の事です。

EOS プロジェクトでは、EOS.IO と言うソフトウェアを核に、分散型アプリケーションプラットフォームを構築しています。

プラットフォームとしてのEOSを「EOS」

EOS は、イーサリアムのような分散型アプリケーションプラットフォームですが、非常に処理能力が高い等の特徴を持ち、イーサリアムを超える機能性が有ると期待されています。

ソフトウェアの EOS.IO を核として開発され、将来的に企業への導入でサポートを目指し開発されています。

仮想通貨としてのEOSを「EOS」トークン

EOS トークンは、資金調達手段として作られたトークンで、2018年6月1日の配布終了から48時間後には取引出来なくなるシステムです。

EOS トークンは、決済機能・通貨特有の機能を持っておらず、本来無価値なものです。

EOS(イオス)今後の展望

日本の取引所への上場

EOS は、まだ国内の暗号資産(仮想通貨)取引所に上場していません。

今、国内取引所に EOS が上場すれば、価格が高騰する可能性も十分に考えられます。

取引手数料がかからない事・処理速度が圧倒的に速い事等、イーサリアムよりも性能が高いのは確かです。

長期的に見た時に EOS の需要は、上昇し続けていくでしょう。

世界的な格付け評価が高い

2018年 1月に、アメリカの格付け機関である ​​Weiss Rating 社が公表した評価によると、EOS は対象 74 通貨のうちイーサリアムと共に最高の「B」の評価を得ています。

中国政府機関傘下の CCID(北京情報センター)は、同年 6月に発表した国際パブリックブロックチェーン評価ランキングでは、​​EOS はイーサリアムを超え第1位を獲得しています。

EOS の技術能力・実用性・革新性等が高く、専門機関からの評価は非常に良いようです。

比較対象となるイーサリアムは、応用性においては EOS よりも高い評価を得ましたが、
基本となる技術や創造性において EOS の方が優れると判断されました。

なぜ価格が上昇?

無価値と言われるにも関わら EOS トークンは、大手の取引所でも EOS は取引されており、eToro でも取引可能になり EOS トークンの価格は上昇しています。

EOSトークンの活用が進むのではないか、という期待から価格が上昇しているのです。

実力豊富な開発陣への信頼や、EOS の分散型アプリケーションプラットフォームとしての高い機能性等が前提に有ります。

EOSトークンに対し、今後 EOS の保持者に対しては何らかの配当が行われる可能性が高いのではと考えられ

EOSトークンの購入動機は、将来の活用への期待が殆どと言って良いです。

 

EOS は、世界でも有数の仮想通貨取引所である Bitfinex と提携し、仮想通貨取引所を始める構想です。(予定であり中止となる可能性も有り)

EOS トークン配布により集まった資金は、EOS 内のアップデートに使用される事から、EOS トークン自身に機能が無いとしても、EOS 内に別の通貨が実装される可能性もあります。

基軸通貨の 1つとして EOS トークンが使用される事になれば、仮想通貨市場の中でも特に信頼性のある通貨として取り扱われる事になるでしょう。

期待値のみで時価総額 5 位になっている事から、本格的なプロジェクトの始動は、世界中から期待が寄せられ注目度が上がります。

EOS(イオス)購入方法

EOS は、21年 10月現在、国内取引所で取扱いが有りません。

海外取引所のバイナンスで購入可能です!
↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久 10% 割引になります↓

仮想通貨取引所の BINANCE(バイナンス)は、1000 種類をも越える仮想通貨ペアを取引できる海外最大手取引所です。

必ず仮想通貨を扱う上では必要となりますので、絶対口座開設はしておきましょう!

当サイトから登録した方限定で、永久に取引手数料が 10% オフになるリンクをご用意しましたので、是非ご活用ください。

関連記事

BINANCE公式サイトへはコチラからアクセス! ↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久10%割引になります! BINANCE(バイナンス)って何? 海外大手仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)[…]

最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG