【USDC】USD Coin(ユーエスディーコイン)って何?特徴解説・今後考察

USD Coin 公式サイトへはコチラからアクセス!

USD Coin(ユーエスディーコイン)って何?

USDcCoin は、ステーブルコインと呼ばれる仮装通貨の一つで、1 USD コインはいつでも US $1.00 に交換可能な為、価格が安定しています。

USD Coin は、仮想通貨スタートアップ企業 CIRCLE 社と、大手取引所コインベースと提携によって 2018年5月にその開発が発表され、2018年9月に発行されました。

USD Coin では、米ドルと 1:1 の割合でペッグされている為、値動きも米ドルと連動しています。

Coinbase では、保有するすべての USDコインに対して報酬を獲得する事が出来ます。

イーサリアムのブロックチェーンを利用した「ERC20」規格を採用している為、イーサリアム対応のウォレットでも保管する事が可能です。

USD Coin と USDT の違い

USD Coin と USDT【テザー】は、米ドル連動型ステーブルコインですが価値を保つシステムも殆ど同じです。

USD Coin とUSDT の唯一の違いは、「発行企業」と、違いから来る信頼性です。

発行企業に不祥事が発生しない限り、USD Coin と USDT のどちらを利用しても問題有りません。

USD Coin の特徴

VISA カード使用で USDC 決済可能

VISA がサークル社と提携し、VISA カードのグローバル決済ネットワークに USDC を接続するとされています。

VISA 加盟店での法人取引で、USDC 支払いが可能になりました!

大企業との連携は、USDC の信頼性を証明し USDC の需要が高まると考えられます。

米ドル裏付けのステーブル

「1米ドル=1 USDC」と固定されたレートのステーブルコインが特徴的で、米ドルと相関を持つので米ドルの価格変動に合わせて、価格が上下します。

仮想通貨は、どこの国からも規制を受けてい無く一時期的な情勢や、投機的な理由からボラティリティが激しいのが特徴です。

安定した取引が難しいのですが、ステーブルコインである USDC を使用すれば安定した取引が可能です。

法定通貨と仮想通貨ペアの代わりに、USDC 等のステーブルコインを用いれば、デジタル通貨のみでの取引が完了します。

ERC 20

イーサリアムをベースとして発行される仮想通貨は、ERC 20 という規格で統一されています。

規格に準拠しているトークンは、その種類によってウォレットを変える必要が無く、全てを1つの同じウォレットで管理する事が可能です。

USDC も ERC 20 に準拠している為、イーサリアム系のトークンを保有している人は、同じウォレットで管理する事が可能です。

イーサリアムのブロックチェーンは、ビットコインベースのものより速度が速く、決済速度においては優秀です。

信頼性が高い

USDC は、金融大手のゴールドマン・サックスが関連しており、USDC の発行においては大手仮想通貨取引所の Coinbase と共同で立ち上げた組織、Centre 社が行っています。

Bit License は、NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)から発行される仮想通貨事業を許可する免許の事で、取得するとニューヨーク州内での仮想通貨事業を行う事が出来るようになります。

2019年5月には、大手会計事務所のグラントソントンの監査を受け監査結果を公開し、強い透明性を示しています。

規制当局への登録や大手金融業者からバックアップは、大きな信頼材料となるでしょう。

USD Coin(ユーエスディーコイン)今後の展望

USDC は、ステーブルコインである為レートは、今後も 1 米ドル= 1 USDC です。

投資的な将来性を期待するよりも、取引などの利便性向上の役割が強い仮想通貨になります。

コインベースは、日本での展開も予定しており、日本国内の規制に適った方法で取引所の解説を行って行く様です。

既に米国でも、一定の規制の下運営されている為、今後日本でもコインベースを通して USDC を利用する事が可能になるかもしれません。

バイナンスが、英ポンドを裏付けとしたステーブルコインを発行しましたが、サークル社も今後、様々な国の法定通貨のステーブルコイン発行を目指している様です。

安定の信頼性

サークル社は、合衆国財務省管轄で金融犯罪を取り締まる FinCEN(金融犯罪監視網)に登録されており、Circle 社とコインベース社は、Bit License を取得しています。

Bit License は、NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)から発行される仮想通貨事業を許可する免許の事で、取得するとニューヨーク州内での仮想通貨事業を行う事が出来るようになります。

USDC は、金融大手のゴールドマン・サックスが関連しており、USDC の発行においては大手仮想通貨取引所の Coinbase と共同で立ち上げた組織、Centre 社が行っています。

2019年5月には、大手会計事務所のグラントソントンの監査を受け、監査結果を公開し強い透明性を示しています。

規制当局への登録や大手金融業者からのバックアップは、大きな信頼材料となります。

USD Coin(ユーエスディーコイン)購入方法

USD Coin は、21年 10月現在、国内取引所で取扱いが有りません。

海外取引所のバイナンスで購入可能です!
↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久 10% 割引になります↓

仮想通貨取引所の BINANCE(バイナンス)は、1000 種類をも越える仮想通貨ペアを取引できる海外最大手取引所です。

必ず仮想通貨を扱う上では必要となりますので、絶対口座開設はしておきましょう!

当サイトから登録した方限定で、永久に取引手数料が 10% オフになるリンクをご用意しましたので、是非ご活用ください。

関連記事

BINANCE公式サイトへはコチラからアクセス! ↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久10%割引になります! BINANCE(バイナンス)って何? 海外大手仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)[…]

最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG