【CTK】CertiK(サーティーケー)って何ですか?特徴解説・今後考察

CertiK 公式サイトへはコチラからアクセス!

CertiK(サーティーケー)って何ですか?

CertiK は、分散型アプリケーション(DApps /ブロックチェーンを使ったアプリ)や、ブロックチェーンのセキュリティを保つ事に特化した仮想通貨プロジェクトです。

仮想通貨取引所が 「CertiK」 を導入しハッキング被害に備えたり、スマートコントラクトとブロックチェーンのセキュリティ状況を「数学的」に検証します。

スマートコントラクト検証、スマートコントラクト監査を行うのが CertiK です。

独自トークンは、「CTK」で、プロダクトの CertiKShield ・セキュリティオラクルで使用されます。

サイバーセキュリティの企業・仮想通貨を安全に保管したい企業向けサービスプロジェクトという事ですね!

認証されたブロックチェーンのエコシステム

CertiK のプラットフォームのブロックチェーンは、検証されたスマートコントラクト・分散アプリケーション(DApp)・ブロックチェーン実装のエンドツーエンドの正確性とセキュリティを証明する為の証明として機能しています。

ラベルを利用して、DApps / system を指定する斬新なアプローチ設計が採用されています。
ラベルは、Solidity 等既存のプログラミング言語と互換性があり、スマートラベルというフレームワークを導入し、公文レベルのみではなく、セマンティクスレベルでも分散プログラムを理解しソースコードを自動的に生成していきます。

 

CertiK は、Google と Facebook の優れた元エンジニアによって開発されました!

CertiK の共同創設者「SHAOZhong氏」は、名門イェール大学の教授であり、同じく共同創設者の「Ronghui Gu 氏」はコロンビア大学の助教授です。

CertiK チーム
CertiK チームは、コロンビア大学の Ronghui Gu 教授とイエール大学の Zhong Shao 教授であり、世界クラスの正式な専門家・ Google・Facebook のシニアソフトウェアエンジニアが在籍しています。
CertiK チームの創設者は、CoQ 証明アシスタントを使用した「certified operating system(認定オペレーティング・システム)」である CertikOS という名前の並行 OS を構築しました。

CertiK 特徴

監査

CertiK は、業界をリードするブロックチェーン監査サービスを提供しています。

世界クラスのセキュリティエンジニアのチームが、4種類の監査を行っています。

【トークンコントラクト・カスタムスタートコントラクト・ウォレットと DApps・ブロックチェーンプロトコル 】

コミュニティの保護

紛失・盗難に遭った資産を、弁償する為の分散型オンチェーンプールです。

リスクを共有する分散型プールである CertiKShield は、保険に代わる革新的な暗号資産の償還手段です。

セキュリティオラクル • スカイネット

CertiK Skynet は、自動化された技術を活用し デプロイされたスマートコントラクトを広範囲の既知の脆弱性に対して大規模にチェックします。

Security Oracle は、トランザクションが送信される前にハッキングやコードの不具合のリスクを示す、正確なスマートコントラクトのセキュリティスコアを生成します。

償還

盗難・紛失から自身を守りたいトークン保有者は、CertiK Shield (サーティーケーシールド)で資産の補償を購入する事が可能です。

シールドは、資産の完全な担保による保護を意味し、シールドを購入すると保護を完全に担保する為の資金が確保されます。

CertiK(サーティーケー)今後の展望

「セキュリティ」

仮想通貨取引所へのハッキングは、今も定期的に発生しています。

CertiK は、数百億円・場合によっては数千億円もの被害が想定されるハッキング被害から仮想通貨を守ります!

独自トークンの「CTK」は、プロダクトの CertiKShield ・セキュリティオラクルで使用されます。

スマートコントラクトの利用手数料・ステーキング報酬・保険の支払い等「使い道」が明確に用意されている為、トークン価格も安定した動きで推移すると考えられます。

提携材料

CertiK は、有名プロジェクトや企業多数と提携しているのも強みです。

有名仮想通貨プロジェクト「オントロジー」は、CertiK との協力を発表しています。

両社はセキュリティ検証で協力する事により、サービスへの信頼性を強化出来るという事です。

日本の金融庁「仮想通貨交換業」ライセンスを有する「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」リキッドグループ株式会社も、CertiK と業務提携をしています。

2019年9月には、東京のブロックチェーン企業「TEAMZ」と提携し、CertiK は日本進出も達成しています。

大手取引所の バイナンス・KuCoin・OKEx・Huobi 他、有名仮想通貨企業やプロジェクトの BITMAIN・NEO・ICON・Terra・QuarkChain とも提携済みです。

DHVC・FBG Capital・8 Decimal Capital・NODE CAPITAL・Kenetic 等からの出資を受けています。

ネームバリュー有る数々の企業・投資会社が「CertiK は、必要なプロジェクト!」と判断している証拠でしょう!

Binance Launchpool に CertiK 【 $CTK 】追加 = $BNB 等マイニング可能!

CertiK は、安全な DApps とブロックチェーンを構築する為、セキュリティスコアリングと分散補償を備えたクロスチェーンプロトコルです。

ユーザーは12~16日の間 BNB・BUSD・CTK の各トークンをそれぞれのプールにステーキングする事で、Launchpool を用いて CTKトークンをファーミングする事が可能です。

Binance はその後、CTK を10月27日に上場し、CTK/BTC、CTK/BNB、CTK/BUSD、CTK/USDT の各トレーディングペアのオープン取引を行います。

CertiK は、中国・韓国系のバグ検証という地域を独占しつつ有るので、今後の動向も期待出来ます!

CertiK(サーティーケー)購入方法

CertiK は、21年 9月現在、国内取引所で取扱いが有りません。

海外取引所のバイナンスで購入可能です!
↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久 10% 割引になります↓

仮想通貨取引所の BINANCE(バイナンス)は、1000 種類をも越える仮想通貨ペアを取引できる海外最大手取引所です。

必ず仮想通貨を扱う上では必要となりますので、絶対口座開設はしておきましょう!

当サイトから登録した方限定で、永久に取引手数料が 10% オフになるリンクをご用意しましたので、是非ご活用ください。

関連記事

BINANCE公式サイトへはコチラからアクセス! ↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久10%割引になります! BINANCE(バイナンス)って何? 海外大手仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)[…]

最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG