NO IMAGE

【XYM】Symbol(シンボル)とは何ですか?解説・今後考察

Symbol 公式サイトへはコチラからアクセス!

Symbol(シンボル)とは何ですか?

Symbol(シンボル)とは、「次世代ブロックチェーン」とも呼ばれている NEM のハイブリッド型ブロックチェーンで2021年3月にアップデートされ「Symbol(XYM)」になりました。

Symbol は、現在 XEM(ゼム)が流通している NIS1 ブロックチェーン(以下 NEM)の大型アップデートであり、セキュリティや処理能力面の向上が期待されています!

アップデート時に、プラットフォームの名称が「ネム」から「シンボル」に、暗号資産の名称がゼム(XEM)からジム(XYM)に変更されました。

・ セキュリティを強化しました。
・ 処理速度が速くなりました。
・ 実用性がアップしました。

「Symbol」&「ネム」

Symbol を開発したのは、ネムと同じ「NEM グループ」です。

” Symbol と ネム は別の仮想通貨 “と覚えておきましょう!

Symbol がリリースされた後も、Symbol とネムは平行して存在しています。

幅広い用途のプラットフォームのネムに対し、Symbol はブロックチェーンに高い処理能力を求める企業(エンタープライズ)向けという差別化が行われています。

Symbol ブロックチェーン

Symbol は、NEM Group Ltd が開発を行っている NEM ブロックチェーンの大型アップデートによりローンチされるブロックチェーンで、以前は「Catapault(カタパルト)」と呼ばれていました。

NEM が開発者のサンドボックス(外部に大きな影響を与えずに実験を行える環境)として開発されたのに対し、

Symbol は、エンタープライズ(企業や公的機関)のニーズに特化したブロックチェーンとして開発が行われています。

Symbol は、NEM 以上に高い処理能力を求めるユーザーや新たなユースケースに対応することを目的としており、NEM と比較して処理速度・有用性・セキュリティ及び柔軟性が改善されると期待されています。

二つのブロックチェーンの目的が異なっている事から、Symbol ローンチ後も、NEM の開発は継続して行われます。

Symbol は、オープンソースプロジェクトで、コミュニティです。

ハイブリッドチェーン

Symbol の大きな特徴の一つが、パブリックチェーン 及び プライベートチェーン の両方の機能を提供する ハイブリッドチェーン として設計されている事です。

パブリックチェーンは、分散型ネットワークとして単一組織に依存する事なく、価値交換が行えるエコシステムを構築できます。

プライベートチェーンは、プライバシー・規制遵守・カスタマイズ機能・効率性に特化したプライベートなエコシステムを構築する事が可能です。

エンタープライズ機能

プラグイン   モザイク制限 

◆ アグリゲートトランザクション

Symbol は、アグリゲートトランザクション(複合トランザクション)と呼ばれる機能が有ります。

使い捨てスマートコントラクトを生成する事で、複数のトランザクションをまとめて処理する事が可能です。

トラストレス(信用要素を必要としない)トークンの交換・他ユーザーの手数料支払いの代わり・トランザクションの第三者預託等が可能になり、パフォーマンスが向上すると考えられています!

セキュリティ強化

Symbol は、セキュリティに定評の有った NEM よりも、更にセキュリティが強化されると言われています。

セキュリティ向上の一環として、NEM で利用可能なマルチシグ機能が、Symbol でも導入されます。

マルチシグ機能は、トランザクション実行の際に複数の秘密鍵での署名を要するシステムを言います。

Symbol は、「アカウント制限」と呼ばれるセキュリティ保護機能も利用可能です。

特定のアカウントのみトランザクションを行う、特定のアカウントをブロックする事が可能です。

独自トークン「XYM」とは?

XYM(ジム)は、Symbol の独自トークンです。

Symbol は、新規 XYM を発行する事により通貨価値が下がらない様に、ハーベスティング(収穫)の報酬や新規 XYM 発行数が、時間と共に減少する設計となっています。

新規 XYM 発行数減少率(インフレ率)は、ビットコインのインフレ率と連動しています。

ビットコインは、4年に一度半減期を迎えてマイニング報酬が半減するのに対し、Symbol では4年かけて徐々に発行数が減少していくように設計されています。

ハーベスティングとは、ビットコインでいうマイニング(採掘)にあたる作業で、NEM および Symbol でのトランザクション承認及びブロック生成をいいます。

Symbol(シンボル)今後の展望

Coincheck でオプトイン実施

Symbol は、FIFA ワールドカップ 2022 の建設管理費に利用される等の期待値が高く、正式に立ち上げられたら注目を集める可能性が高いでしょう!

参考:Bimtrazer がカタールで覚書に署名し、Symbol ブロックチェーンを通じて FIFA ワールドカップをサポート」

2020年 11月4日、暗号資産取引所 Coincheck で、お客様からお預かりしている全ての NEM においてオプトインを実施することが発表されました!

スケーラビリティ問題

データ容量が、大きすぎ取引手数料が高くなる「スケーラビリティの問題」が有りますが、イーサリアムの代替手段となるSymbol 等の「手数料の安い仮想通貨」が大変便利です。

Symbolは、トランザクション処理能力が約 3000〜4000件/秒と高い為、キャパが広く人気が高まり、手数料も安価です。

仮想通貨決済や新トークンの発行等、幅広い用途で活躍すると期待されています!

NFT(ノンファンジブルトークン)

2021年5月、Symbol は、サッカー選手に対応した NFT を販売すると発表しました。

上手にニーズを捉えられれば、爆発的な上昇も期待出来るでしょう!

国家の「規制」に対応

Symbol は、規制の厳しい国内取引所への上場に成功しています。

Symbol が、国の「規制」に対応しやすい事、独自トークンを発行するモザイクと呼ばれる機能が有ります。

Symbol は、KYC(本人確認)の機能が組み込まれており、KCY を完了したユーザーのみがトークンを保有するといった事が可能です!

Symbol(シンボル)購入方法

Symbol は、国内大手取引所の Zaif で購入可能です!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG