【DeFi】DeFi(ディーファイ)仮想通貨の分散型金融とは?オススメ銘柄!

DeFi(Decentralized Finance)ディーファイ、仮想通貨の分散型金融って?

DeFi(Decentralized Finance)とは、ブロックチェーン上に構築される金融サービスやエコシステムの総称で、日本語では「分散型金融」といいます。

ブロックチェーン上に構築される新しい金融システム(経済圏)の事です。

DeFiに属するサービスは、銀行や証券会社のような役割を果たす個々のプロトコル(コントラクト)群によって構成されます。

インターネット上で提供されていた金融サービスと比較して、集権的な管理者が存在せずアクセス元の国家や利用者のバックグラウンドを選ばず誰にでも提供される事から、「分散金融(Decentralized Finance)」、又は「Open Finance (Op-Fi)」などと呼ばれています。

※ DeFi は、分散型金融をテーマとする仮想通貨プロジェクトを指す事も有ります。

 

分散型金融(Defi:Decentralized Finance)は、2020年以降の仮想通貨業界でもっとも注目されています!

  • 関連トークン(仮想通貨)が急騰している為です。
  • その将来性は非常に高いと期待されています。

分散型金融(DeFi)の使用

貸借契約

貸借契約とは、資産の貸し借りについての契約です。

DeFi プロジェクトの多くは、「仮想通貨の貸し借り」を行う事が可能です。

管理者が不在でもコード(プログラム)に埋め込まれており、機能します。

  • 貸した人:利息がもらえる
  • 借りた人:利息を支払う 

    銀行サービス

「お金の発行」「担保を元にしたローン」「保険」という銀行で提供されるサービス!

仮想通貨でも、ステーブルコインと呼ばれる法定通貨(日本円や米ドル等)と全く同じ値動きをする仮想通貨も存在します。

現在はまだDeFiの規模が小さく、未熟な為銀行を置き換えるまでには至っていません。

将来的には銀行業界のパイの一部を DeFi が占める事になるかもしれません。

分散型取引所(DEX)

DeFi で「分散型取引所(DEX)」として置き換える事が可能です。

分散型取引所(DEX)は、運営会社が存在しない形(分散型)で行う事が出来ます!

分散型金融(DeFi)の主なプロジェクト!オススメ銘柄!

分散型金融(DeFi)の主なプロジェクト!!!

Compound(コンパウンド/COMP)

仮想通貨をレンディング(貸し出し)する事により、利息収入を得る事が可能なプロジェクト。

分散型の「銀行サービス」といえるでしょう。

Chainlink(チェーンリンク/LINK)

Chainlink とは、スマートコントラクト(契約機能)を

別のブロックチェーン上の資産(仮想通貨など)に適用できる仮想通貨プロジェクト。

Maker(メーカー)

投資家は、Maker に担保となる通貨を預ける事で、米ドルと連動するステーブルコイン「Dai」を借りる事が出来ます。

担保を預けると通貨を借りられる為、分散型の「貸借契約サービス」に相当します。

トークンは急騰中!

分散型金融(DeFi)は、現在急騰中です!

イールドファーミング(DeFi を使用して資産を貸し出す事で、利息/利回りを得る行為)が過熱しておりDeFi に流れ込むマネーが爆発的に増加している為です。

現在、DeFi にロックされている(預け入れられている)資産は、約2000億円を突破!!!

「DeFi」は期待出来るでしょう。^^

最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG