【Coinbase】日本向けサービス開始!世界最大級の仮想通貨取引所 Coinbase ってどんな取引所?解説

Coinbase公式サイトへはコチラからアクセス!

Coinbase(コインベース)って何ですか?

Coinbase(コインベース)は、2012年設立のアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く仮想通貨取引所
世界32ヶ国でビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・ライトコインなどの仮想通貨(不換紙幣)の取引所サービスを提供しています。
Coinbaseは、3つの取引サービスが有ります!
Coinbase consumer →「販売所」
Coinbase Pro     →「取引所」
Coinbase Prime     →  機関投資家向け取引サービス

Coinbase のユーザー数は、世界有数の規模 5000万人以上です。

仮想通貨取引所 Coinbase、日本へ参入

仮想通貨の取引所大手 Coinbase は、日本市場へ進出しました。

世界最大級の仮想通貨取引所コインベースは、日本法人の「Coinbase 株式会社」を通じて日本向けサービスを開始しました。

Coinbase 、日本で仮想通貨事業を展開するにあたり、日本の法律を遵守し金融庁に確認を取りながら作業を進めるとしているそうです。

日本で対応している仮想通貨としては、以下の5つがあります。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. ビットコインキャッシュ(BCH)
  4. ステラルーメン(XLM)
  5. ライトコイン(LTC)

スマホ向け専用アプリ(iOS・Android)は、公開済みで、ダウンロードが可能となっています。

Coinbase、日本居住者は❌利用出来ません

Coinbase は、2021年6月日本居住者への売買サービスを停止中でした。

日本居住者でも使える Binance(バイナンス)等の様には、日本人が使用する事が出来ません。

日本では、仮想通貨取引所を運営するのにライセンスを保有している必要が有りますが( 金融庁の「仮想通貨交換業」)

Coinbase は、このライセンスを保有していない為、日本居住者は利用する事が出来ないのです。

Coinbase(コインベース)の影響力

Coinbase は、NASDAQ(ナスダック)に上場

Coinbase は、2021年4月米証券市場の NASDAQ に上場しました。

NASDAQ は、NYSE(ニューヨーク証券取引所)と並んで世界最大の証券取引所のひとつ。

Coinbase の NASDAQ 上場は、当時ビットコインの好材料とみなされ、最高値を記録しています。

これまで曖昧で不透明だと思われていた「仮想通貨」の取引市場が急拡大し、NASDAQ・ロンドン証券取引市場・香港証券取引市場も上回る規模へと膨れ上がったのです。

Coinbase は「仮想通貨市場の発展をアピールする広告塔」になっています。

今後、NFT(ノンファンジブルトークン)の取引プラットフォーム参入も予定しており、影響力は更に期待出来るでしょう!

Coinbase(コインベース)代替取引所

Coinbase は、21年8月現在、日本で対応している仮想通貨以外は取扱い出来ません。

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスが最適な代替手段かと思います。

↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久10%割引になります。

仮想通貨取引所の BINANCE(バイナンス)は、1000種類をも越える仮想通貨ペアを取引できる海外最大手取引所です。

必ず仮想通貨を扱う上では必要となりますので、絶対口座開設はしておきましょう!

当サイトから登録した方限定で、永久に取引手数料が10%オフになるリンクをご用意しましたので、是非ご活用ください。

最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG