【QKC】QuarkChain(クオークチェーン)とは?特徴解説・今後考察!

QuarkChain公式サイトへはコチラからアクセス!

QuarkChain(クオークチェーン)って‌?

QuarkChainは、スケーラビリティの問題を解決する、安全で分散化されたプラットフォームを作るプロジェクトです!

QuarkChainで発行される独自トークンは「QKC」、プロジェクトでの取引手数料の支払いや、QuarkChainコミュニティに貢献したメンバーへの報酬として利用されます。

プロジェクトは、DApps(分散型アプリケーション)プラットフォームの提供を目指しています!

イーサリアムのスケーラビリティ問題【取引混雑時の手数料の高騰や取引の遅延】を、非中央集権的【管理者不在】な仕組みを維持しながら解決していく仕組みです。

QuarkChain(QKC)クオークチェーンの特徴

イーサリアムのDAppsをQuarkChainへ移行

イーサリアム上でDAppsとして稼働しているDApps等は、QuarkChainのプラットフォームへ容易に移行可能です。

QKCのネットワークは、Ethereum Virtual Machine(EVM)というプログラム実行環境を採用したスマートコントラクトを採用しています。この仕組みがあるので、イーサリアム上で構築したDAppsを、簡単にQKCに移行可能なのです。

イーサリアムは複数の大企業がその活用を目論む有望なプラットフォームなので、「QKC」もその恩恵を受けられます。

高速トランザクション

スケーラビリティ問題解決に活躍する特徴が有ります!

QuarkChainのTPS(一秒間でのトランザクション数)は100,000件と記載あり、BitcoinやEthereumのそれを大きく上回っています。

VISAを超えるトランザクションとなると大きな可能性を感じますね!

アカウント管理

QuarkChainのブロックチェーン、シャードは複数のアカウントは不必要になり、1つのアカウントで管理可能なのが特徴です。

1つのスマートウォレットで、異なったシャードの通貨も保存可能です。

QuarkChain(クオークチェーン)今後の展望

QuarkChainのメリットは多機能さではなく、「高速」「手数料が安い」事です!

QuarkChainの様なプロジェクトが、存在感を増してくる可能性が有ります。

QuarkChainのスケーラビリティ問題を解決するプロジェクトにより、初めて仮想通貨の商業シーンへの活路が開けてきます。

1秒10万件という圧倒的な処理速度はやはり魅力的ですし、イーサリアムからの移行が容易というのも見逃せません。

イーサリアムと競合する部分が有る一方で、共存する部分も有るのも評価点です。

分散型アプリケーションプラットフォームは「QKC」の他にも「NEO」や「LISK」等有り、その競合という相応のリスクが有るのを忘れないで頂きたいです。

QuarkChain(クオークチェーン)の購入方法

 

QuarkChainは、21年6月現在、国内取引所で取扱いが有りません。

海外取引所のバイナンスで購入可能です! ↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久10%割引になります。

仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)は、1000種類をも越える仮想通貨ペアを取引できる海外最大手取引所です。

必ず仮想通貨を扱う上では必要となりますので、絶対口座開設はしておきましょう!

当サイトから登録した方限定で、永久に取引手数料が10%オフになるリンクをご用意しましたので、是非ご活用ください。

最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG