【HOT】Holo(ホロ)って何?今後の展望・特徴解説!

HOLOCHAIN公式ページへはコチラからアクセス!

Holo(ホロ)って何ですか?

Holoとは、DApps【分散型アプリケーション】のプラットフォームとなる仮想通貨です。

ポストブロックチェーンというコンセプトで開発されている、新しい仮想通貨です。

イーサリアムには「ブロックチェーン」が使用される一方で、Holoにはブロックチェーンよりもスケーラビリティ【処理能力】が優れる「Holochainが使われています。

P2Pファイル共有サービスのBitTorrent(動画ファイルなどを個人間でやり取りできるサービス)などに近い仕組みを持っています。

ERC20系の仮想通貨として発行され、通貨の略号には、HOT」が使用されます!

現在時価総額ランキングは50位となっていますが、発行量が多いので1枚あたりの単価は低く、価格が上昇しにくい傾向にあるようです。

Holoを示す言葉には、「Holo」「HoloChain」「Holo fuel」「HOT」など多数有るので違いを説明致します。
「Holo」はプロジェクト自体を指す言葉。HoloChain上で稼働する、未使用のコンピュータのストレージを貸し出し仮想通貨が稼げるアプリの名称でもあります。
「HoloChain」とは?仮想通貨のプラットフォーム名です。イーサリアム上のブロックチェーンと同じく、Holoが稼働している独自のチェーンです。
「Holo fuel」「HOT」は、仮想通貨(トークン)の名称です。
Holo fuelがHoloChain上で使われる独自トークンで、HOTはICOで資金調達のために投資家に発行されたトークンです!

Holo(ホロ)の特徴は?

1:独自のエコシステム

Holoは、ERC20系のトークンでは有りますが、独自的なエコシステムを構築しています。

「Holo」における「Holochain」には、ブロックチェーンといった概念が存在しないのです。

個々のデバイスが全くの独立した状態でP2Pでと繋がる本当の意味で分散化しているテクノロジーと言えるでしょう。

2:多様なコンセンサスアルゴリズムに対応

Holochainではユーザーで、様々なコンセンサスアルゴリズムを採用出来るとしています。

あるユーザーへの報酬を完了させた時に、自分への報酬が入るというProof of Service」を採用しています!

通常ブロックチェーン1本につき、1つのコンセンサスアルゴリズムが採用されていますが、

ブロックチェーンが無いHolochainならではの、仕組みだと言えるでしょう。

3:様々なデバイスが接続可能

仮想通貨は、分散型の技術であり様々なノードが参加する事でネットワークを形成しています。

「PoW」では、ネットワークへの貢献に計算が必要であるため、高度なCPUを持つパソコンなどが必要です。

Holochainでは、様々なデバイスでもP2Pに参加が可能となっています。

現在は、パソコン位のスペックが無ければマイニングやステーキングが出来ませんが近い将来、私達の身近なタブレットや
スマートフォンでも、ネットワークへの参加が可能になるかもしれません。

Holo(ホロ)今後の展望

α版であり、2020年~2021年にかけて「HOT」が稼げる様になったり、ホロチェーン上でアプリが開発出来る様になります。

現在の「HOT」の価格は0.84円/HOTですが、うまくいけば10倍になる可能性を秘めています!

2021.4月現在、1.89円/HOTと2倍になっています!

2021年4月現在のHOTのチャートですが、開発が進む度に伸びているのがわかります。

「Holochain」ブロックチェーン未使用

HoloChainは、イーサリアムと異なり「ブロックチェーン」を使用していません。。

Holoは、今後はブロックチェーンではなく「HoloChain」と言う認識だからです

ロックチェーンは、スケーラビリティ問題(取引混雑時の手数料の高騰)が有るので「HoloChain」では、ブロックチェーンではなく分散型ハッシュテーブル(DHT)という仕組みを採用しており、巨大な分散台帳を持たず取引の当事者同士が互いに結びついています。

DApps(分散型アプリケーション)を構築可能にしたのが「Holo」という事です。

スケーラビリティの高い仮想通貨

スケーラビリティに優れる「Holo」は、クレジットカード(1秒間に約25万取引を処理可能)よりも高い処理能力を誇っていて

スケーラビリティ問題は理論上起こりません。

ビットコインやイーサリアムの取引手数料がどれだけ高騰しようとも、Holoの手数料はタダ同然です。

マイニングという仕組みがないので、マイナーに支払う手数料が有りません。

イーサリアムに代わるスケーラビリティの高い仮想通貨」が値上がり傾向にあります。

Holoもそうしたトレンドで、値上がりを続ける仮想通貨のひとつになる可能性は高いでしょう!

Holo(ホロ)の購入方法

Holoは、21年6月現在、国内取引所で取扱いが有りません。

海外取引所のバイナンスで購入可能です! ↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久10%割引になります。

仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)は、1000種類をも越える仮想通貨ペアを取引できる海外最大手取引所です。

必ず仮想通貨を扱う上では必要となりますので、絶対口座開設はしておきましょう!

当サイトから登録した方限定で、永久に取引手数料が10%オフになるリンクをご用意しましたので、是非ご活用ください。

最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG