【AR】Arweave(アーウィーブ)って何ですか?今後展望・特徴解説!

Arweave公式サイトへはコチラからアクセス!

Arweave(アーウィーブ)ってなんですか?

Arweaveとは、データを分散的(非中央集権的)長期的に保存出来るストレージサービスです!

「Archain」という名称でしたが、2018年から現在の「Arweave(アーウィーブ)」に変更されました。

データの保存には、独自トークンの「AR」blockweaveという仕組みを用いています。

ブロックウェーブ技術に基づいて構築されたデータストレージプロトコルです。

ウェブブラウザ等で、データにアクセスできる第二の層であるパーマウェブ上で、アクセス出来る様に基礎となるネットワークを開発しています。

分散型ストレージサービス

分散型ストレージサービスとは、特定の管理者(企業など)が管理する保存領域を使わず
非中央集権的にデータを保存できる仕組みの事です!

Arweaveの場合、プラットフォームに保存領域を貸し出した無数の人々によって、データが分散的に保たれます。
【保存領域を貸し出した人は、ARで報酬を受け取る事が可能です。
特定の企業が倒産して貴重なデータが失われたり、企業が勝手にデータを改竄するなど不可能になります。

Arweave(アーウィーブ)今後の展望

データを長期的に保存可能!

Arweaveの大変画期的な所は、1回の先払いで「データを永久に保存できる」

データを保存するのにコストかかり続けるという常識からすれば、夢のような料金体系だといえるでしょう。

通常はサブスクリプション形式で毎月ストレージ利用量を払う形式ですので、Arweaveのような仮想通貨は他に有りません!

他との差別化ライバルに対しての付加価値となるでしょう!

今後は、Google・Amazon・Microsoftなどの大手ストレージサービスも駆逐するのではないかと期待されています!

ストレージの「永久保存」

Arweaveがどんな仕組みかというと…

最初に1回払いで支払われたストレージ利用料は、ストレージを貸し出している人に時間を掛けて少しずつ支払われています。

考慮したいのがストレージの維持コストは、年々下がり続けている事になります。

Arweaveの資金調達

Arweave上では既に、100以上のDApps(分散的アプリケーション)がストレージを使ってデータを保存しています。

資金調達の面では、アンドリーセンホロウィッツユニオンスクエアベンチャーズCoinbaseなどが「Arweave」に出資しています。

「Arweave」は、期待可能性が有り未来に希望が見える仮想通貨ではないでしょうか!

Arweave(アーウィーブ)の購入方法

Arweaveは、2021年6月現在、国内取引所では取扱いが有りません。

海外取引所のGate.ioで購入可能です。

最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG