renBTC(レンビットコイン)って?特徴・仕組みを徹底解説!【DeFi】

renBTC公式ページへはコチラからアクセス!

renBTC(レンビットコイン)って何でしょう?

renBTCとは、イーサリアムのブロックチェーンを使って発行されたビットコインです!

ビットコインを「担保」にして、同数のrenBTCを発行する事により、ビットコインとの「1:1」の連動性を保っています

renBTCは、「ステーブルコイン」と言えますね。

renBTCは、米ドルではなく「ビットコイン」を価値の裏付けとしています

ステーブルコインは、安定した価格を実現するように設計された通貨です。
ビットコインをはじめとする仮想通貨は、ドルや円といった法定通貨と比較すると価格変動が激しく、その実用性に課題があると一般的に言われています。
仮想通貨が広く普及する上でも価格の安定は大きな課題の一つとして考えられ、ステーブルコインはその課題を解決する通貨として、担保を基に価格を決定するコインとして考案されました。

仮想通貨プロジェクト「Ren」が発行!

仮想通貨プロジェクトの一つである「Ren」「RenVM」が発行しています。

Renは、記事執筆時点で時価総額ランキング78位に位置する仮想通貨です。

Renは、異なる仮想通貨同士(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、Zcashなど)の「相互運用性」を提供しているプロジェクトです。

相互運用性とは、違うブロックチェーンを持つ仮想通貨同士を繋ぎ合わせること。「クロスチェーンと呼ばれていたりもします。

renBTCは、Renとは別の仮想通貨ですが、Renの仕組みを使って発行されています。

「renBTC」と「ビットコイン」が連動する理由

「Ren」の最大の特徴は、ビットコインと「1:1」で連動する事です!

なぜrenBTCはビットコインと同じ値動きをするのか?
renBTCを発行するには、本物のビットコインを実際に預け入れる必要があるからです。

「renBTCの背後には本物のビットコインがある」「本質的に、renBTCはビットコインと交換できる」事になっているので、取引所でも「1:1」で取引されています。

renBTCは、米ドルのステーブルコインとして有名なUSDT(テザー)とは少し仕組みが異なります。

USDTには、「テザー社」という特定の企業が背後に存在しています。

renBTCには、担保となるビットコインを保管する特定の企業は存在しません(非中央集権的、分散的なRenという仮想通貨システムによって管理されています)。

renBTC(レンビットコイン)の仕組みと将来性

ビットコインを「イーサリアムネットワーク」で発行する意味

ビットコインに投資するなら、ビットコイン現物を直接保有するのが最も確実ですよね。

これをわざわざイーサリアムネットワークに展開する理由は、イーサリアム上の「DeFi(分散型金融)」にビットコインを持ち込む為です。

「DeFi」は幅広い仮想通貨を使った金融サービスを指しており、イールドファーミング「分散型取引所(特定の管理者が不在の仮想通貨取引所)にトークンを預けることで、利息収入を得る」が可能です。

本来ビットコインではイールドファーミングはできませんが、「DeFi」プロジェクトが対応するイーサリアムの規格でビットコインを発行することで、ビットコインなのにDeFiに参加でき、利息収入が得られる状態になります!

これこそが「イーサリアムのブロックチェーンで、ビットコインを発行する意味」になります。

非中央集権的ステーブルコインのメリット

renBTCは、非中央集権的なステーブルコインです。

「ステーブルコインで非中央集権的って?」と思われるかもしれませんが、ステーブルコインには共通して「連動する資産を担保、価値の裏付けとして持つ」という特徴が有ります!

担保の保管を、特定の企業が行うのか非中央集権的な仮想通貨システムが行うのか、2通りの方法が有ります。

「USDT」はテザー社が担保のドルを保管しているので、中央集権的なステーブルコインですし、「WBTC」と呼ばれる別のビットコイン系ステーブルコインも、特定の企業が運営するカストディサービスでビットコインを保管しているのでやはり中央集権的なステーブルコインです。

特定の企業が担保を保管してくれているという信頼の上、成り立っています。

「renBTC」は、特定の企業の信用に依存せず、(仮想通貨のシステムが崩壊しない限り)ビットコインとの連動性が成り立つのがメリットです!

「WBTC」のような中央集権的なステーブルコインを使うか、「renBTC」のような非中央集権的なステーブルコインを使うかは好みですが、「renBTCが肌に合う」という方も多くいらっしゃる様です。

ビットコインを「DeFi」に持ち込みたい方は、「renBTC」の利用を一度ご検討するのも良いと思います。

renBTC(レンビットコイン)の購入方法

renBTCは、21年4月現在、国内取引所で取扱いが有りません。

海外取引所のバイナンスで購入可能です! ↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くとお客様手数料が永久10%割引になります。

仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)は、1000種類をも越える仮想通貨ペアを取引できる海外最大手取引所です。

必ず仮想通貨を扱う上では必要となりますので、絶対口座開設はしておきましょう!

当サイトから登録した方限定で、永久に取引手数料が10%オフになるリンクをご用意しましたので、是非ご活用ください。

最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG