【MATIC】MaticNetwork(マティック)って何ですか?特徴・今後考察解説!

Matic Network公式ページへはコチラからアクセス!

Matic Network(マティックネットワーク)って何?

Matic Networkは、支払い取引だけでなく一般化されたオフチェーンのスマートコントラクトに対しても

迅速で簡単かつ安全なオフチェーン取引を可能にする「レイヤ2(Layer 2)」スケーリングプラットフォームです!

Maticは、Layer 2に対する技術的なアプローチとさまざまなユースケースに対するサポートが特徴です。

 

Matic Networkの単位は、MATIC(マティック)です。

2019年4月公開で、総発行枚数は10,000,000,000MATICとなっています。

Matic Networkは、Ethereum (イーサリアム)」のプラットフォーム上で発行されていますので、

トークン規格には「ERC-20」、コンセンサスアルゴリズムには「PoS(Proof-of-Stake)」が採用されています。

 

2019年4月、世界最大の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」が行う

「Binance Launchpad(バイナンスローンチパッド)」の第4弾となるプロジェクトとして選出されました!

65000/秒のトランザクション処理能力を誇ります(参考:イーサリアムは15トランザクション/秒)。

 

Matic Networkは、Plasmaフレームワークと分散証明ネットワーク(PoS:Proof-of-Stake)のバリデータ(定義済プログラム)を

使用して資産のセキュリティを確保しながら、オフチェーン処理にサイドチェーンを利用することで

大規模な処理を達成可能とするLayer 2(レイヤ2)と呼ばれるスケーリングソリューションです。

 

Maticは、まもなくネイティブのWalletConnectをサポートした非常にユーザーフレンドリーなPlasmaウォレットをリリースし、

デバイス間のdAppやサービスをトラストレス(ユーザーにおける承認の簡略化)で提供します。

既存のプラットフォーム用のサイドチェーンとなり、Matic Networkが多くのトランザクション処理を可能にします!

Matic Network(マティックネットワーク)の特徴

◆「Matic Layer 2」は、アカウントベースのMoreVP(More Viable Plasma)の一種です。 Plasmaフレームワークは、メインチェーン上の資産(Ethereum用のERC-20およびERC-721トークンなど)のセキュリティを保証するために使用されますが、一般的な取引は「Tendermint」上に構築されたProof of Stake(PoS)ネットワークによって保護されます。

 Maticサイドチェーンは本質的にEVM-enabledのチェーンであり、堅実なスマートコントラクトを容易に展開するのに役立ち、本質的にEthereum開発者が「dApp /プロトコル」スケーリングを構築できるツールとなります。

◆商業的には、Maticサイドチェーンは、Ethereumエコシステムで利用可能な多くの分散型ファイナンス(DeFi)プロトコルをサポートする有効的な構造となっています。

◆Maticの基本理念は、dAppが今日の「中央集権型アプリ」によって提供されるユーザーエクスペリエンス(UX)と競争できる(優位性を持つ)ようにすることです。

◆Ethereumは、Matic Networkがサポートする最初のベースチェーンですが、Maticはコミュニティの提案や合意に基づいて追加のベースチェーンのサポートを提供し、相互運用可能な分散型Layer 2ブロックチェーンプラットフォームを実現する予定です!

matic plasma(マティックプラズマ)
Matic plasma(マティックプラズマ)とは、「Ethereum」の創設者Vitalik Buterin氏と「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」の共同開発者Joseph Poon氏によって開発された「Plasma(プラズマ)」といった技術をMatic Networkに応用したものになります。Matic Plasmaは1秒あたりのトランザクション量を大幅に増やすことができるので、UX(ユーザーエクスペリエンス)の向上につながります。
UXとはユーザの体験や経験を意味し、Matic Networkの品質とサービスをさらに向上させることが期待されています。
◆matic wallet(マティックウォレット)
Matic walletとは、ユーザが使いやすいように設計されたシンプルで安全な仮想通貨ウォレットとなっており、現在ではテストネットとして全世界に公開しています。matic walletでは、「Ethereum」のプラットフォーム上で発行された全ての通貨を管理することが可能です。さらに前述の「matic plasma」にも対応していますので、Matic Network上の「DApps(分散型アプリケーション)」とシームレスな通信が可能となりました。また、他のユーザに仮想通貨を転送する場合でも、迅速・低コストで安心して利用することが出来るでしょう。

Matic Network(マティックネットワーク)今後の展望

DAppsはますます注目!

MaticはDApps」に関連したプロジェクトです。

DAppsは、今後も数多くリリースされる可能性が高く、その点では将来有望と言えると思います。

殆んどのDAppsプロジェクトは、Matic Networkの潜在的な顧客様と言っても問題無いかと思います。

開発予定

  • DApps用の支払い用APIの実装
  • 開発ツールの提供
  • ウォレットの開発

開発が進むと、利用者も開発者もMaticを利用が容易くなるでしょう。

Maticへの投資を考えている場合はぜひ、今後の動きにも注目して下さい。

Matic(マティック)のIEOから上場までの状況

実施取引所はBinance

MaticのIEOを実施する取引所は、Binanceです。

Binanceは大手取引所の1つで、世界的に知られているので使っている人も多いかもしれません。

「Matic」が将来有望なトークンであることだけでなく、

BinanceがIEOを実施する事も注目を集め長期的な買い圧力も期待されます!

参加は抽選制

Maticの「IEO」は、誰でも参加可能ではなく、Binanceの独自トークン「BNB」を保有して

申し込んだ人の中から抽選によって当選した人のみが参加できます!

先着順ではないため、参加できるかどうかは確率の世界だと言えるでしょう。

上場は2019年4月27日

2019年4月27日にBinanceに上場され、トレード可能になっています!

これからMatic」を購入する人は、BinanceにBTCを預け入れてトレードして下さい。

レイヤー2市場

バイナンスやコインベースの後押しもあり、

Matic Networkはもっとも採用されているレイヤー2スケーリングソリューションの1つです。

維持し続けられるかは今後の動向次第では有りますが、レイヤー2ソリューションへの投資を検討する場合には

Matic Networkは外せない仮想通貨の1つです!

多数企業との提携を発表

Matic Networkは、「Celer Network(セーラーネットワーク)」と提携し、

MaticテストネットサイドチェーンとCelerステートチャンネルの統合を発表しました!

統合することで、サービス提供の効率とスピードを向上させることに成功!

貸付プラットフォーム「Nuo Network(ヌーネットワーク)」とも提携しており、

Matic NetworkがNuoのユースケース拡大をサポートすることでしょう。

 

「Nuo Network」では、「Ethereum」のプラットフォーム上でスマートコントラクトを利用したトークンの貸し出し、

レバレッジ取引を行うことが可能です!

他にも、日本のブロックチェーン企業の株式会社Cryptoeconomics Lab(クリプトエコノミクスラボ)」

共有仮想世界のための分散プラットフォーム「Decentraland(ディセントラランド)」

スケーラブルなブロックチェーンソリューションを提供することを目的としている

「QuarkChain(クオークチェーン)」などといった名だたる企業と提携を組んでいるので、

今後にも多いに期待が持てるのではないでしょうか!

Matic Network(マティックネットワーク)の購入方法!

 

Blockstackは、21年6月現在、国内取引所で取扱いが有りません。

海外取引所のバイナンスで購入可能です! ↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久10%割引になります。

仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)は、1000種類をも越える仮想通貨ペアを取引できる海外最大手取引所です。

必ず仮想通貨を扱う上では必要となりますので、絶対口座開設はしておきましょう!

当サイトから登録した方限定で、永久に取引手数料が10%オフになるリンクをご用意しましたので、是非ご活用ください。

最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG