NO IMAGE

【STX】Blockstack(ブロックスタック)って何ですか?特徴解説・今後考察!

Blockstack公式ページへはコチラからアクセス!

Blockstack ブロックスタック(STX)って何ですか?

Blockstackとは、通常ビットコインで使用する事が出来ないスマートコントラクトやDApps(分散型アプリケーション)の構築をビットコイン上で可能とする仮想通貨プロジェクトです!

Blockstackは、米国の規制当局SECのレギュレーションA +に認定!され世界初となる「規制に準拠した仮想通貨ICO」を実施しました。

スマートコントラクトやDAppsの構築はイーサリアム上で可能ですが、Blockstackを使うと世界で最も安全だと考えられているビットコインのブロックチェーンでこれを行うことが可能です。

2019年8月、リクルートが投資した事で話題にあがりました!

Blockstackのプロダクト

BlockstackのAPIを使うことで、「Identity」「Storege」「Token」を管理する事が可能になります!

Blockstackは、ブロックチェーンを活用することで、あらゆるデータやアイデンティティをデータは暗号化され、アプリケーション間で簡単に共有され、ユーザーのコントロール下に置くことができるプラットフォームを提供しています。

開発者は、ダウンロード・購読などの料金を請求することが可能です。

1つのアカウントで無限のアプリにアクセス出来る様になります!

Blockstackのトークンは、ビットコインやその他の仮想通貨を使用してP2P(ピアツーピア)の決済を行われます。

Blockstackでは重要なデータを安全管理!

開発者はユーザーデータをホストしたり関連するストレージのコストやデータのプライバシーを心配することなく、アプリを起動することが可能になります。

Blockstackを使って保管したデータは、ユーザー自身のみ閲覧可能となります!

運営会社にこっそり閲覧されるリスクや、第三者にハッキングされる恐れが有りますが、Blockstackを使うと、リスクはほとんど0ゼロになります!

Blockstack ブロックスタック(STX)対応アプリケーション

現在は、「Coins」「Graphite」「Casa」「Stealthy」「DotPodcast」など「仮想通貨のポートフォリオ管理」「データやファイル交換」「チャット」を含める5つのアプリケーションがリリースされています!

STXは大手仮想通貨取引所のBINANCEで購入できます!

Blockstack ブロックスタック(STX)今後の展望は?

Blockstackはクラウドコンピューティングサービスに対抗

Blockstackでは今後、DAppsをもっと簡単に構築できる環境の提供も目指している様です。

中央集権的サービスでよければ、既存のクラウドコンピューティングサービスを利用すればOK!

Amazonのクラウドコンピューティングと同じくらい使いやすくなれば、Blockstackへのシフトは進みそうですね!

多くのWebサービス開発を行う企業は、Amazonが運営する「Amazon Web Service」・Microsoftが運営する「Azure」・Googleが運営する「Google Cloud Platform」などのいずれかのクラウドコンピューティングを利用しています。

「絶対に流出してはいけない機密データ」は、これらのクラウドコンピューティング上に保存することはできません!

Blockstackは、非中央集権的なデータ管理方法なので、このリスクを回避でき、万が一ハッキングを受けてデータが流出した場合責任がどこにあるのかを特定しにくくなります。

Blockstackは規制当局SECのレギュレーションA +に認定

Blockstackは、米国の規制当局SECのレギュレーションA +に認定されています!

Blockstackは、2019年7月に「世界初の規制に準拠した仮想通貨ICO」を実施しました(ICOの規模は2,800万ドル/約30億円)。

SECに仮想通貨プロジェクトが認められた史上初の出来事と話題になりましたね。

株は、「一部上場」「二部上場」などと分けられているように、株式は審査を経て初めてマーケットに上場し、取引が可能になります。

仮想通貨のICOはそれをすっ飛ばして、本来「有価証券」に当たるものを直接投資家に販売していたのが実情です。

Blockstackに関しては【SECの許可を経てから】販売する健全なICOが実現しました!

SEC審査には非常に高いハードルが課せられているので、Blockstack以前にはそうしたプロジェクトは有ませんでした。

2019年8月、株式会社リクルートホールディングスが子会社「RPS Blockchain Tech Fund.Ltd.」を通じ、Blockstackに出資しました。

Blockstackの高い信頼性は、規制当局だけではなく、大手企業も注目しています!

日本経済新聞

発表日:2019年8月22日ブロックチェーン技術を利用した、分散コンピューティングネットワークを提供するBlocksta…

Blockstack(STX)の購入方法

Blockstackは、21年3月現在、国内取引所で取扱いが有りません。

海外取引所のバイナンスで購入可能です! ↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くとお客様手数料が永久10%割引になります。

仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)は、1000種類をも越える仮想通貨ペアを取引できる海外最大手取引所です。

必ず仮想通貨を扱う上では必要となりますので、絶対口座開設はしておきましょう!

当サイトから登録した方限定で、永久に取引手数料が10%オフになるリンクをご用意しましたので、是非ご活用ください。

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG