【CREAM】CreamFinance(クリームファイナンス)概要・今後考察・特徴解説!【DeFi】

CreamFinance公式ページへはコチラからアクセス!

Cream Finance(クリームファイナンス)とは?

Q.Cream Financeって何でしょうか? A.総合的DeFi(分散型金融)サービスを提供している仮想通貨プロジェクトです。

2020年8月、台湾人連続起業家 Jeffrey Huang 氏が Compound のソースコードを元に創設しました。

Cream Financeのトークンは、【CREAM】になります。

CREAMは、ピアツーピアの「DeFiエコシステム」でサポートされている暗号資産を借り、トークンを賭けて報酬を獲得して仮想通貨を交換出来ます。

主要な取引所に上場されていない資産に流動性を提供して、金融包摂を促進する為に設計されています。

大きく分けて提供しているサービスは、①AMM(自動マーケットメーカー)②分散型の仮想通貨レンディングになります

①AMM(自動マーケットメーカー)って?

AMMとは、オーダーブック(取引板)を利用せずに仮想通貨を交換出来る、

特定の管理者を置かず無人で稼働する分散型取引所(DEX)です!

AMM交換手数料が、0.25%になっていて、その一部をイールドファーミングを行っている方(流動性プロバイダー)は得る事が可能です!

②分散型仮想通貨レンディングサービス

分散型の仮想通貨レンディングサービスは、「仮想通貨を借りる方」と「仮想通貨を貸して利息収入を得る方」が取引する事によって利息収入分の金額が発生するサービスです。

仮想通貨を借りる方は、保を預け入れると約担保の60%程度を上限として、Cream Financeの保有者からお金を借りることが可能です。仮想通貨を貸す方は、借りる方へ仮想通貨を貸し出し利息収入を得られます!

Cream Financeは、仮想通貨のソースコードを元に設計されています。

Cream Finance(クリームファイナンス)今後の展望

バイナンスに上場

Cream Financeは、新しいプロジェクトですが、世界最大仮想通貨取引所バイナンスに既上場しています!

トークンの「CREAM」がバイナンスで簡単に購入出来るので、継続的な買い上昇が期待出来ます!

セキュリティ懸念

Cream Financeは、2020年現在セキュリティについて外部からの監査は受けていない様子の為

仮想通貨がハッキングされるリスクが高いという事です!

Cream Financeは、AMMやレンディングなど様々な「DeFiサービス」を完備する事を目指しているとの事。

「Binance Smart Chain」でイールドファーミングが可能!

Cream Financeは、最初はUniswapなどと同じようにイーサリアムブロックチェーンに対応するAMMでしたが

現在は、バイナンスの「Binance Smart Chain」に対応しています!

「Binance Smart Chain」はイーサリアムよりもはるかにトランザクション手数料が安い為

イールドファーミングを行う多くのユーザーがイーサリアムから移行し始めているのでCream Financeの上昇勢になっています。

Cream Finance(クリームファイナンス)購入方法

Cream Financeは、21年6月現在、国内取引所で取扱いが有りません。

海外取引所のバイナンスで購入可能です! ↓下記リンクからバイナンスへ登録頂くと、お客様手数料が永久10%割引になります。

仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)は、1000種類をも越える仮想通貨ペアを取引できる海外最大手取引所です。

必ず仮想通貨を扱う上では必要となりますので、絶対口座開設はしておきましょう!

当サイトから登録した方限定で、永久に取引手数料が10%オフになるリンクをご用意しましたので、是非ご活用ください。

最新情報をチェックしよう!
>仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

仮想通貨コミュニティサロン「Alamode」

ALAMODEはグループチャットアプリ「Discord」を使った仮想通貨トレードの情報共有グループです。実力派の講師陣、さらに最新のトレンド分析システムによるシグナル配信は、チャート分析の過程も細やかに解説。
初心者の方にはハードルが高く感じるテクニカル分析も、講師陣の親身なアドバイスで上達を実感できます。
ここで基礎を学んでしまえば、あとは仮にグループを退会した後でも、自分の力で勝てるトレードができるようになりますよ。

CTR IMG